西陣名門 加納幸 唐織り 西陣織 桜 金糸 シャンパンゴールド 238

■西陣名門 「加納幸」 袋帯 リユース
西陣織 唐織り

【加納幸】西陣織証紙No:440
1889年(明治22年)創業
1988年「西陣織工業組合 理事長」に就任し6年間務める

◇「両殿下・皇太子」が自社の展示場や機場を視察されたり、国連総会に出席される「安倍総理」の紋付袴を制作されるなど、世界屈指の技術を持つ一流の西陣織元です。


■角度によりゴールドやシャンパンゴールドのように美しく煌めく「金箔」を織り込み、刺繍のように織り出した「唐織り」で、格調ある古典文様の「観世水」に桜の花びらを優雅にあしらい、右端はスタイリッシュな縦縞の「染め分け」に花菱を配した、とても素敵な作品です。

◇上品で気品高く洗練された色柄で、ワンランク上のとても粋な高級袋帯です。


・中無地は、「金箔」を織り込んだ高級でモダンな仕上げです。

・胴裏は、やわらかくしっとりとした心地良い手触りの上質な「正絹」地です。

◎馴染みの良い上質な「帯芯」の入ったお仕立てですので、とても締め心地が良いです。


■サイズ:長さ432cm 幅31.5㎝

■素材:正絹(金糸や銀糸、金箔等含む場合がございます。)

■状態:使用による折山やシワ、多少のスレがございます。
(ご使用時は、隠れる部分か目立たない程度です。)

シミや汚れ等の目立った難は無く、まだまだお使いいただけます。

※人それぞれ感じ方が違いますので、神経質な方はご遠慮下さい。


◎発送は、”新品のたとう紙”に入れ、更に水濡れ防止の為ビニールで包み、折りたたんだ上に梱包しております。



※実物に近い色を掲載できるように努めておりますが、お使いの端末や閲覧環境により、写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございます。

※畳シワや臭いがあるものもございますので、神経質な方はご遠慮下さい。

※寸法は一点一点丁寧に採寸しておりますが、多少の誤差が生じる場合がございます。

※検品については、充分確認しておりますが、見落としや小さな難がある場合がございます。

※返品については、写真や記載内容に無い大きなシミやキズ等ある場合は対応させていただきます。 なお、お客様都合による返品につきましては受付を致しかねますのでご了承ください。

¥ 26,80050%OFF ¥ 13,400

SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 1,000JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 2,500JPY will be free.

Report